サイズに合った結婚指輪|理想のリングを見つける

リング

指輪の地金と個性

装飾品

地金として定番のプラチナやゴールドは、腐食しにくく失われない輝きが永遠を象徴するので、結婚指輪の地金として最適な金属であると言えます。個性を出したい場合には、手作りで結婚指輪を作ったり、夫婦で別のデザインの結婚指輪にするという方法もあります。

指輪選びの醍醐味

ダイヤの指輪

結婚指輪は洋風だけでなく和風デザインの商品も存在しています。木で作られた指輪もあるのです。結婚指輪は普通の指輪と違って長期間つけ続けるものですから、クオリティのしっかりとした商品を購入するようにしましょう。

夫婦にあう指輪探し

指輪

夫婦が長年に渡って使い続ける結婚指輪を購入する際は、品質にこだわるようにしましょう。結婚指輪を手に入れる方法は既製品の購入とオーダーメイドの二種類が存在しています。後者であれば世界に一つしかない結婚指輪を用意できるのです。

2人が納得する品を

プロポーズを成功させたい!と意気込んでいる人は結婚指輪の選び方をこちらで確認しましょう。綿密な調査で得られたデータが公開されています。

納得いく指輪を早めに手配

アクセサリー

結婚指輪は男女2人でずっと身につけていくものです。したがって、普段の生活に支障のないシンプルなデザインを選ぶことをお勧めします。ただ、最近ではダイヤモンドをあしらった結婚指輪も人気がありますので、特に女性で婚約指輪をお持ちの方は重ね付けできるタイプのものを選んでもいいですね。いずれにせよ、双方が納得できるものを選びましょう。はじめのうちはお互いの主張がぶつかり合うかもしれませんが、妥協せずにお互いのイメージを擦り合わせていくことが大事です。また、結婚式において指輪の交換をする予定の方は、なるべく早めに手配しておくべきです。刻印なども含め、手元に届くまでにそれなりの時間を要する場合があるからです。余裕を持って結婚指輪を準備しましょう。

古代からのならわし

結婚指輪の起源については諸説ありますが、古代ローマから始まったという説があります。日本で定着してきたのは約60年前からです。結婚式の時に夫婦としてともに人生を送っていくという決意を形に表す意味を持っています。結婚指輪は左手の薬指にはめるのが一般的ですが、古くはギリシャ神話にその由来があると知られています。用いられてる素材はプラチナが定番となっており、婚約指輪と合わせてブライダルリングの8割以上に使用されています。デザインが豊富で日本人の肌に合った色味を持っていることに加え、長く身に付けるものであることから、変色や変質しにくいことがその理由です。また、希少価値が高いため、プラチナを使用した結婚指輪は少し高めの価格になる傾向があります。