サイズに合った結婚指輪|理想のリングを見つける

リング

指輪の地金と個性

装飾品

結婚指輪の地金としてはプラチナやゴールドが一般的で、特に日本では結婚指輪は圧倒的にプラチナ製の指輪が多数派となっています。ヨーロッパではゴールドが多く、ホワイトゴールドなどカラーゴールドも含めて定番となっています。日本では殆どがプラチナとゴールドで占められており、宝飾品としては一般的なシルバーはあまり用いられていませんが、ヨーロッパではシルバーの結婚指輪もそれほど珍しくはありません。シルバーは経年変化で黒ずんだりするので、長く使用する指輪には適さないと考える人が多いですが、ちょっとした手入れをすれば綺麗になるのでシルバーの結婚指輪でも長く愛用できます。ただその点プラチナやゴールドは腐食しにくく、通常の使用であれば酸化したりすることはまずありません。それでいて柔らかく加工しやすいので、宝飾品として最適です。失われない輝きは永遠の象徴でもあるので、そうした意味ではやはりプラチナやゴールドは結婚指輪に最適な金属であると言えます。

結婚指輪というと、ある程度定番のデザインや素材があるのですが、最近ではそうした中でも様々な工夫をして、自分たちに合った結婚指輪を選んでいるカップルも大勢います。まず一つには結婚指輪を手作りしてしまおう、という動きがあります。個性的な指輪という意味ではオーダーメイドもそうですが、手作りすることで個性の度合いはさらに強くなります。仕上げは基本的にプロがやるので仕上がりはとても美しくなりますが、手作りした時間そのものが大切な思い出ともなります。既製品を購入する場合にも、男女で異なったデザインのものを選ぶというカップルもいます。夫婦だからと言って好みが同じとは限らないですから、お互いに好みのものを選ぶというのもいい選択です。こうした場合には全く別物にする場合もありますが、多くは地金は一緒であったりなど、異なるデザインでありながら、どこか統一感のある見た目にすることが多いようです。